お金について
counseling

お金について

留学先へのお金の持って行き方や現地通貨への両替、また現地での管理方法について参考にして下さい。

あなたの「夢の留学」の
実現に向けて、
留学のプランを一緒に立てていきましょう。

留学先へのお金はどのように持って行く?①

Hospital 1

留学先へのお金の持って行き方は何通りかあります。
***
1、現地通貨に両替をする
渡航前に必要な分のお金を両替して、現地通貨として持って行きます。基本的に留学前に留学に必要な費用(学校の授業料や滞在費用)の支払いを済ませますので、渡航にあたり短期の留学の方など多くのお金が必要ない場合は、現金でお持ちいただく方法がスムーズです。現金は、盗難や紛失など何かあったときのために、分けて保管しておくのもお勧めです。
現金を両替するときは、できる限り小さい紙幣(ドルであれば$10や$20など)に両替をしてもらうことをお勧めいたします。大きい紙幣(ドルであれば$50や$100など)は、お店によっては偽札対策として、支払時に受け取ってもらえない場合もございます。
2、クレジットカードやプリペイド式カードを持って行く
クレジットカードは皆さん1枚はお持ちではないでしょうか。海外での支払いはクレジットカード、という方は、クレジットカードを1~2枚、お持ちいただくのが良いでしょう。(必要に応じて、キャッシングができるカードですと尚良いです。)クレジットカードの種類は、VISA、MasterCardが便利です。その国で良く使われるカードのブランドを確認しましょう。また、限度額の確認もしておくと安心です。
また、事前に入金をした費用を現地のATMで引き出すことができるプリペイド式カードもあると便利です。クレジットカードとは異なり、利用時すぐに自身のアカウントからお金が引き落とされますので、使いすぎる心配もありません。渡航後は、日本のご家族が送金することもできます。(留学Womanではマスターカード系列のキャッシュパスポートのご紹介をしております。)

Money 1

留学先へのお金はどのように持って行く?②

Hospital 2

3、現地に到着後、銀行口座を開設する
留学先に半年以上など、長期で滞在をされる場合は、銀行口座を開設してそこに必要な費用を日本から送金してもらう方法を取る方が多いです。送金でお金を受け取ることで、現地生活で必要な費用をまとめて受け取ることができ、また多額のお金が必要な場合でも、現金で持って行くよりは送金の方が安全です。特に、現地でルームシェアをする方など、現地に行ってからまとまったお金が必要になる場合は、口座間の送金が安心です。
銀行口座は国によって開設方法や開設にあたり必要な書類が異なります。お持ちのビザによっては開けない場合もございます。「開こうと思ったけど開けなかった!」ということがないよう、事前に確認を取ると安心です。
***
留学先到着後、すぐに現金が必要になるケースもありますので、少額でも現金をお持ちいただくのが安心です。

現地でのお金の管理はどうする?

Hospital 1

現金の場合は、紛失や盗難に備えて、外出時には大金を持ち歩くことはしないようにしましょう。不要なトラブルに巻き込まれてしまう可能性もございます。留学先の滞在先では、お部屋に鍵がない場合や複数名とルームシェアをすることもあるかと思います。「外出から帰ってきたらお金(貴重品)が無くなっていた!」というトラブルもあります。お部屋に鍵が付いていたり、個室の場合でも、貴重品はスーツケースを金庫代わりにするなどして、人目の付かないところに保管しましょう。
留学時のトラブルとして、現地でのお財布の盗難や紛失も良く聞きます。お財布に全ての現金やカードが入っていると、無くした時にお金が一切なくなってしまうことも起こりえます。少額でも良いので、現金を別な場所にも保管をしておいたり、クレジットカードを2枚以上お持ちであれば1枚は別な場所に保管する等、対策をされることをお勧めいたします。

Money 2

留学先で「お金が足りなくなってしまった!」ということが無いように、事前に必要な費用の目安を確認しておきましょう。

直接オフィスでご説明します!

カウンセリングを予約する

忙しい方はメールでも!

メールで相談する

留学概要について案内します!

説明会の
スケジュールを見る