カナダ
counseling

カナダ

カナダCanada

世界で2番目に大きな面積の国土を持つカナダは、10の州と3の準州から成り立っており、歴史的背景から、英語とフランス語の両方が公用語となっています。
人口は、日本の約4分の1程度しかおらず、ロッキー山脈をはじめとする広大な自然が広がっています。
またカナダは、お隣の国アメリカとは異なり銃社会ではないため、比較的安心して過ごすことが出来ます。

バンクーバー現地カウンセラーより

お互いに助け合う精神が強く根付いており、公共交通機関でもお年寄りや子供に席を譲る光景を、多く見かけます。それに何と言っても移民で成り立っている国!英語のなまりでさえ個性の一つとして捉えられます。皆が違っていて当たり前、一人一人の個性を十分に生かせる、そんなカナダは留学初心者にもお勧めです!

トロント現地カウンセラーより

多文化が共存する街で、食や人など生活に大きく関わる部分でたくさんの発見に出会う事の出来る都市です。トロント・カナダはまだまだ若い国で、日本のような昔からある仕来り・常識のようなものが少なく、仕事の面や学校での生活面でも、移民を積極的に受け入れるという特徴もあります。漠然としたカナダのイメージと実際に生活をしている人との違いに驚く人も多いと思いますが、トロントにいながらも自分のスタイルを取り入れて生活できる事も魅力の1つです。

カナダおすすめ都市

バンクーバー

バンクーバーVancouver

留学先としても人気の高いバンクーバーは、その80%が移民で成り立っています。通常、こう聞くとあまり良い印象を持たないかもしれませんが、移民で成り立っている都市だからこそ、留学生にも優しく、道に迷っていると皆が声を掛けてきてくれます。気候の面でも東京とほぼ変わらず、冬のバンクーバーも過ごしやすくなっています。

現地カウンセラーおすすめポイント

24時間眠らない街、(騒がしい街?)気候も比較的安定しており、一年を通して、四季折々の風景を楽しむことが出来ます。少し足を伸ばせば、公共交通機関を利用して山へ遊びに行くことが容易に出来る上、夏は午後10時頃まで明るいので、仕事終わりに屋外でのBBQを楽しむのも有ですね!

トロント

トロントToronto

トロントはカナダ最大の都市であり、北米の経済の中心となっています。そんな大都市の中にも多くの自然があり、中心地から車で1時間も北へ向かうと、静かでのどかな土地が広がります。賑やかで活気溢れる都会の雰囲気と、美しい自然が体感できるという、この両方を兼ね備えた点がトロントの最大の魅力です。

現地カウンセラーおすすめポイント

日本にいる時の楽しみ方とトロントでの生活の楽しい方とは、少し違いがあります。トロントに住む人々の多くは、レジャーや屋外でのアクティビティで自然を楽しむ人が多く、その為のエンターテイメント施設が充実しています。例えば、夏にはトロント北部のコテージを借りてキャンプをしたり、冬には近くの丘でそりを楽しんだりと、大人子供関係なくとてもアクティブです。季節の良い夏には、多くの屋外イベントが開催され、毎週末がとても賑やかです。休みの日を100%満喫する事を大切にするという生活スタイル、ぜひ体験しに来てください。

ビクトリア

ビクトリアVictoria

ブリティッシュコロンビア州の州都にもなっているビクトリアは、バンクーバーからフェリーで約3時間ほど離れた、バンクーバーアイランドに位置しています。歴史的背景から、未だにイギリスの影響が色濃く残っており、街中には沢山の花が溢れ、別名ガーデンシティーとしても親しまれています。

モントリオール

モントリオールMontreal

フランスの文化が未だ強く引き継がれている、ケベック州にあるヨーロッパ調の街、モントリオール。カナダにいながら、ヨーロッパにいるかのような雰囲気が味わえます。街の中にはフランス語があふれており、新聞や看板のほとんどにフランス語が使用されています。

プリンスエドワード島

プリンスエドワード島Prince Edward Island

プリンスエドワード島は、カナダ東海岸に位置する小さな島で、「赤毛のアン」の舞台として有名な場所です。物語がそのまま再現されたようなグリーン・ゲイブルズ・ハウスからのお化けの森の散歩道を歩ったり、アンの足跡を辿ってみましょう。周囲を海で囲まれているので、美味しいシーフードも堪能できます。