ニュース
counseling

留学Womanより
最新の留学ニュースをお届けします。

オーストラリアワーホリビザで最大3年間滞在可能に

2018.11.06 ビザ情報

皆さんこんにちは。留学Womanです。

オーストラリア移民局より、オーストラリアのワーキングホリデービザについての発表がありました。
この発表で、オーストラリアのワーキングホリデービザが最大3年間まで取得できることが正式に発表されました!

2019年7月1日より、セカンドワーキングホリデー期間中に6ヵ月以上の季節労働などに従事することで、
3年目の権利を得ることができるようになります。

また、季節労働など特定の職種では、同一雇用主の元で働ける期間が12ヵ月に延長になりました。
今までは同一雇用主の元で働けるのは最大6ヵ月まででしたが、2018年11月5日より変更となりました。

今回の発表では、日本は対象ではありませんが、
アイルランドとカナダの国籍保持者は年齢制限が35歳まで引き上げられました。

ワーキングホリデーで行ける国として、まだまだ可能性が広がるオーストラリア。
今回の変更の背景としましては、オーストラリア地方の農業のコミュニティをサポートしていくため、
より労働者を確保をしやすくしたい、という背景があるようです。

オーストラリア留学やワーキングホリデーは留学Womanまでお問合せ下さいませ♡